KAC(北九州建築設計監理協会)    
KACとは・・・
発足目的
活動概要・活動方針
会員規則
歴代会長紹介
KAC歴史紹介
KACの業務
設計・管理
耐震診断設計
耐力度測定設計
建築、電気、水道、空調設備等の定期点検
中長期(長寿命化)保全計画
リノベーション設計
指定道路調査・台帳作成
作品紹介
KAC会員紹介
活動拠点
会員作品集紹介
建賛会会員紹介
PAAG
発足目的
組織表
活動概要
活動報告
KAC歴史紹介

既存道路台帳の整理

●既判定済の道路台帳の道路種類の確認
●認定・非認定道路についての事跡を確認し、認定・非認定別に整理
 

指定道路図の入力







































●道路情報登録閲覧システムデータ交換仕様に基づいた登録書式に既判定済の建築基準法第42条の道路・形状を入力し、指定道路図を作成
【建築基準法第42条の道路】
第1項  
1号道路 幅員4m以上の道路法による道路
国道・県道・市町村道で幅員4m以上のもの
2号道路 都市計画法、土地区画整理法、都市再生開発等による道路
3号道路 建築基準法施行時に現に損する幅員4m(6m)以上の道路 → 既存道路
4号道路 2年以内に事業執行が予定される都市計画道路で特定行政庁がして指定したもの → 計画道路
5号道路 特定行政庁が利害関係人の申請に基づき位置の指定をした幅員4m(6m)以上の私道 → 位置指定道路
第2項 建物が現に建ち並んでいる4m(6m)未満の道路で、将来4m(6m)幅の拡幅が可能として特定行政庁が指定した道路。
第3項 2項道路指定をするに当たり、将来に渡り拡幅が困難でどうしても4m(6m)幅員が取れないため、特定行政庁が幅員の緩和指定をした道路。
第4項 6m区域内にある道路幅員6m未満の道路で特定行政庁が認めた道路
1号道路 避難・通行の安全上支障がない幅員4m以上6m未満の道路
2号道路 地区計画等に適合した幅員4m以上6m未満の道路
3号道路 6m区域指定時に既に存する幅員6m未満の法42条適用のどうろ。
第5項 6m区域指定時に既に存していた道路で幅員4m未満の道路
第6項 古い城下町などの民家が両側にたてこんだようなところで、幅員が1.8m未満の2項道路。
 

指定道路図の調整

道路情報登録閲覧システムでの登録内容をアウトプット、
地形情報システム(以下GIS)に取り込み、より正確な道路形状にするための調整を行う
 
指定道路調書の登録 GISで調整したデータを再度、道路情報登録閲覧システムに取り込み指定道路調書として登録を行う
 
ページトップへ