KAC(北九州建築設計監理協会)    
KACとは・・・
発足目的
活動概要・活動方針
会員規則
歴代会長紹介
KAC歴史紹介
KACの業務
設計・管理
耐震診断設計
耐力度測定設計
建築、電気、水道、空調設備等の定期点検
中長期(長寿命化)保全計画
リノベーション設計
指定道路調査・台帳作成
作品紹介
KAC会員紹介
活動拠点
会員作品集紹介
建賛会会員紹介
PAAG
発足目的
組織表
活動概要
活動報告
KAC歴史紹介
 

予備調査

●構造種別の確認 ●建築物竣工年、履歴、使用状況の確認
●設計図書、構造計算書、地盤調査書の有無確認 ●調査方法の確認
 

現地建物調査

●設計図書との照合
●現地調査(外観、ひび割れ、劣化、変形、不同沈下、火災による疲弊等)
●材料調査(コンクリート圧縮強度試験、コンクリートの中性化、鉄筋かぶり厚さ、鉄筋腐食度、鉄骨腐食度等)
 

耐力度調査



●構造耐力測定(保有耐力、層間変形角、基礎構造、構造使用材料)
●保存度測定(経過年数、コンクリートの中性化深さ及び鉄筋かぶり厚さ、鉄筋腐食度、鉄骨腐食度、座屈腐食度、柱の傾斜量、不同沈下量、接合方式、ひび割れ、火災による疲弊度)
●外力条件測定(地震地域係数、地盤種別、積雪寒冷地域、海岸からの距離)
●耐力度調査票の作成
 
老朽化の評価 ●耐力度調査表の結果点数により老朽化を評価
●5,000点以下は危険改築地震事業の補助対象となる。
 
ページトップへ