KAC(北九州建築設計監理協会)    
KACとは・・・
発足目的
活動概要・活動方針
会員規則
歴代会長紹介
KAC歴史紹介
KACの業務
設計・管理
耐震診断設計
耐力度測定設計
建築、電気、水道、空調設備等の定期点検
中長期(長寿命化)保全計画
リノベーション設計
指定道路調査・台帳作成
作品紹介
KAC会員紹介
活動拠点
会員作品集紹介
建賛会会員紹介
PAAG
発足目的
組織表
活動概要
活動報告
ご挨拶
北九州建築設計監理協会
会長 早川 仁
 
 
 KAC 北九州建築設計監理協会は1966年(昭和41年)に設立し、本年で52周年を迎えることができました。
 これも偏に北九州市を始めとする皆様方の日頃のご支援とご厚情の賜と深く感謝致しております。
 当協会は、高度経済成長期のさ中に「北九州のまちづくりに参加し、合せて建築文化の創造発展に寄与する」ことを目的に発足し、オイルショック、バブル成長・崩壊と数々の難局を先輩たちの労苦と手腕で切り抜け、会員設計の多くの建築物をこの北九州に残して参りました。
 これからの人口減少、少子高齢化の中、建築設計には「集める」・「生かす」・「減らす」をキーワードとした技術力と高い創造性が求められる時代となって参ります。
当協会は時代の・社会の求める要求に対応し、北九州の更なる発展に貢献できるよう、より一層の建築設計技術の研鑽を重ねて参り、次世代を担う若者の育成にも携わっていく所存でございます。
 今後とも変わらぬ御支援、御鞭撻を賜りますように心よりお願い申し上げます。